芸術カウンセリング〜心理学と書くことの癒やし

自分で書いて自分で癒す「Fairy-Tale 〜自分のために書く童話〜」

「心理学に興味がある」
「自分だけのストーリー童話を書いてみたい」
「鬱々とした気分を解消する、きっかけが欲しい」などなど・・・。

自分自身を見つめることで、「無意識に心が隠した闇」が見えてきます。
まずは、「自分」を真っ直ぐに見つめることの大切さを理解し、リラクゼーションやストレス解消法などを模索します。
心理学を交えながら自分で書く楽しみ、童話の楽しみ方を探ります。

自分のために書く

ここでは、私が提唱する「自分で書いて、自分で癒す、ヒーリング童話の書き方」について述べています。
私の経験を交えて、うつの発症、そして、癒しについてのお話です。

Fairy-Tale(童話)
「癒し」としての童話

心の病気

ここでは、「うつという病気」や「ストレス」について考えてみたいと思います。
うつという病気は、どんな人がなりやすいのでしょうか?
そして、ストレスとは何かについて、私なりの見解で挙げてみました。

心の闇を探る
ストレスについて
自己開示と自己理解

私と「うつ」

ここでは、私がうつになった経験を元に、病院に通った時の先生とのやり取りなどを赤裸々に明かします。
うつに対する病院の対応や処置などについて、少しでも伝わればと思います。

私の「うつ体験」

折れない心の作り方

何かトラブルが起こるたび、自分を責めるのはもう止めましょう。
人とぶつかったとき、誰かとケンカしたとき、ヘコむだけの毎日にはサヨナラです!
負けない心、折れない心の作り方とは・・・?

ネガティブな思考を断ち切る
怒りの感情

うつむかずに生きる

落ち込むのも盛り上げるのも、全ては自分次第です。
ここでは、ちょっとした考え方のコツや性格について、カウンセラーという仕事についてなど、いろいろな角度から、自分との向き合い方について述べています。

ペルソナの仮面
カウンセリングについて
メビウスの罠
言霊

心理学的、読み解く童話

ここでは、既存の童話を題材にして、私なりに心理的な面から童話を読み解いてみたいと思います。

まずは、グリム童話「白雪姫」と「眠り姫」。
そこに隠された人間の女性の「性」とは・・・。

女性としての性「白雪姫」
残酷な夢「眠り姫」

アンデルセン童話「マッチ売りの少女」の少女が見る夢、そして想いとは・・・?
私たちが求める幸せは、他人が決めた概念に染まってはいませんか・・・?

幸せの形「マッチ売りの少女」

「カエルの王子さま」で、王女が隠した心の闇とは?
カエルが意味するものとは、心理学的にどのようなものとして表されるでしょう?
人間が成長するために必要なものとは・・・。

自分らしさ「カエルの王子さま」

物語と出会う

書くための「きっかけ」作りをしましょう。
なぜ書くのか、書くために必要な感性を養い、書く前の準備運動をしましょう。
異世界への扉を覗いてみませんか?

パラレルワールド
ゼロからの出発

ストーリーの書き方、作り方

書くための「きっかけ」作りをしましょう。
なぜ書くのか、書くために必要な感性を養い、書く前の準備運動をしましょう。
異世界への扉を覗いてみませんか?

物語が出来るまで
キャラクター設定について
素材とテーマ
モチーフについて
ストーリーを繋げる
自分のために書く